合成繊維でフサフサの髪に|フサフサの髪にするにはおすすめの育毛剤を使用するべき
男性

フサフサの髪にするにはおすすめの育毛剤を使用するべき

合成繊維でフサフサの髪に

頭

結び目の調節

頭皮は通常は髪に覆われた状態になっているので、髪が抜けたり切れたりすることで少なくなれば、露出しやすくなります。そして頭皮の広範囲が露出していると、はげて見えるようになります。しかし頭皮は、髪に似せて作った合成繊維を使った増毛によって、目立ちにくくなります。たとえ髪が本来の半分ほどの量になっている人でも、増毛によりフサフサとした状態になるのです。ただし増毛は、複数の合成繊維を髪の根元に結ぶという方法でおこなわれています。そのため髪が1センチ伸びれば、結び目も髪の根元から1センチ離れることになります。つまり伸びれば伸びるほど、再び頭皮が目立つようになるわけです。そのため増毛後は、髪が伸びるペースに合わせて、結び目を調節することが必要となります。

シートの接着

合成繊維は髪に結ぶわけですから、ほとんどの髪が抜け落ちている人の場合、この方法ではしっかりと増毛させることが困難となっています。したがってこのような場合には、シートを使った増毛がおこなわれます。頭皮に似せて作られたシートで、これには数多くの合成繊維が埋め込まれています。そのためこのシートを頭皮に接着すると、それだけでフサフサとした状態に見えるようになるのです。結んだ合成繊維や、シートに埋め込んだ合成繊維は、水分や油分を弾きます。そのため汗や皮脂によって、これらが外れてしまう心配は、基本的にはありません。もちろんシャワーを浴びることもできますし、極端に強い刺激を与えなければ、フサフサとした状態は保たれるのです。